twitter
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK (SPAM多数のため承認制としています)
ARCHIVES
OTHERS
QR(http://takama.jugem.jp/)
ケータイ(docomo/au/SoftBank等)用に表示されます。


AD SPACE (by JUGEM)
new ← → old
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
自宅からの花火大会観賞


一年に一度の楽しみ。
自宅ベランダからの花火観賞。
| comments(0) | trackbacks(0) |
タカマカツユキ写真展2015 会期中スケジュールについて


今年の写真展が始まりました。
会期中のスケジュールについてお伝えします。

6/29(月)
6/30(火)
7/01(水) 19:00〜21:00会場にいる予定。
7/02(木) 19:00以降予約満席予定のため、観賞不可。
7/03(金) 19:00〜21:00会場にいる予定。
7/04(土) 12:00〜17:00会場にいる予定。
     17:00〜21:30「at!」Jazzライブのため貸切(要予約)。
7/05(日) 定休日
7/06(月)
7/07(火)
7/08(水) 19:00〜21:00会場にいる予定。
7/09(木)
7/10(金) 19:00〜21:00会場にいる予定。

なお、最終日は7/10(金)とアナウンスしておりますが、7/11(土)は 11:00〜15:00に限り、観賞可です(15:00より搬出作業します)。

私の予定はあくまで予定に過ぎず、上記以外の時間もいる可能性があります。逆に都合により、行けなくなる可能性もありますので、ご理解ください。

■タカマカツユキ写真展2015
会期:6/27(土)-7/10(金) 
会場:Art for Thought
 http://artforthought.jp/
住所:中央区銀座8-10-4 和孝銀座八丁目ビル 1階
電話:03-6228-5922 
時間:11:00-24:00
定休:日曜
地図 http://goo.gl/maps/WISc

以上です。
よろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0) |
タカマカツユキ写真展2015のご案内
 

今年で9回目。

昨年の写真展から1年。今年も6月に開催します。

昨年、アイスランドで撮影した約3,000点の写真からピックアップした約20点を展示予定(現在選定作業中)。風景写真を中心に、氷河湖、クジラ、オーロラ等の写真をお見せできると思います。

会場は昨年同様、銀座8丁目のギャラリーカフェ「Art for Thought」。銀座駅からも新橋駅からも歩ける好立地で、夜遅い時間でも写真を見ることができるので、仕事帰りや銀座での食事の後にも立ち寄ることができると思います。

ただし、日曜日は定休ですので、その点についてはご注意ください(毎年、誤って日曜日にいらっしゃる方がいます)。
■タカマカツユキ写真展2015
会期:6/29(月)-7/10(金) ※最終日は土曜でなく、金曜です。
会場:Art for Thought
 http://artforthought.jp/
住所:中央区銀座8-10-4 和孝銀座八丁目ビル 1階
電話:03-6228-5922 
時間:11:00-24:00
定休:日曜
地図 http://goo.gl/maps/WISc
| comments(0) | trackbacks(0) |
地球の歩き方 南極

自宅の本棚には、私の初めての海外旅行時の1991-92年「アメリカ編」から、2012-13年の「ブラジル」まで、合計41冊の「地球の歩き方」が並んでいる。

そして、今まで69ヵ国を旅してきたが、世界7大陸のうち、まだ行ってない大陸と言えば、オーストラリア大陸と南極大陸。南極は何度か調べて見たことがあるが、短い夏の間しか訪れることができないため、これまでまとまったガイドブックがなかった。

そこで、この度初めて出版される「地球の歩き方南極」。今まで「アルゼンチン・チリ」編の1コーナーで紹介されていた程度であったが、この度一冊のガイドブックとなった。

アルゼンチン、チリからのアクセス、南極での宿泊施設、南極で見られる野性動物ガイド、南極での食事などがまとめられており、見ているだけでワクワクしそうだ。

■地球の歩き方

環境のことを考えると、大人数で訪れるのは難しいが、やはり一度は行ってみたい南極。
そして、本当になって欲しい嘘。

コメントやtrackbackは歓迎ですが、掲載された日付け(4/1)を確認したうえ、各自の責任の範囲内でお願いいたします。 
| comments(0) | trackbacks(0) |
2015年3月の書

2か月ぶりの書となった今月は「保」。

さかのぼること、昨年の秋。2015年4月に向け「保活」を行っていました。聞きなれない人もいるかもしれませんが、保育園に入れるための活動、のこと。秋ごろから、役所の説明会に出向き、保育園の説明会にも足を運び、認可と認可外合わせて複数申込みを行った。

そして2月下旬。待ちに待った役所から届いた封筒には「受け入れ不可」。つまり認可保育園は全滅。夫婦合わせて申請ポイントとしては低くはないと思っていたので、かなりショックを受けた。認可外からも「まだ返答できない」「かなり厳しい」という回答ばかり。

それから1週間以上経ち、ある認可外保育園から「5月から入園可」と連絡をいただきました。認可外ではあるが、一定の広さがあり教育も期待できる、非常に良い園であるので、胸をなでおろすことができました。

というわけで、「保」という文字を書いてみました。
| comments(0) | trackbacks(0) |
銀座平つかの雛人形

銀座平つか、犬張子に入った小さな雛人形。非常に丁寧な仕事。
まだ大きな雛人形を飾ることができないので、ぴったり。

| comments(0) | trackbacks(0) |
第18回文化庁メディア芸術祭


今年も「メ芸」に行ってきました。

すべての作品を細かく見ることはできませんでしたが、その中で3つ挙げるとしたら、この3つ。
1)エンターテインメント部門優秀賞「のらもじ発見プロジェクト」
町中に残されている看板の文字をフォントデータ化して配布し、寄付金がその店に還元されるというもの。放っておくと、いつか絶滅してしまう魅力的なフォントを後世に伝えるという素晴らしいプロジェクト。

2)アート部門「センシングストリームズ 」
坂本 龍一と真鍋 大度による作品で、電磁波を可視化した作品。普段常に電磁波に囲まれながら生活しているが、この目に見えない電磁波を美しく表現している。

3)アート部門「I was looking for Park Hyatt」
いろんな角度からPark Hyattを撮影し続けた写真群。テーマをひとつに絞って撮影し続けることの面白さや奥深さが感じられ、個人的に良い刺激になった作品。

メ芸は、2/4(水)から2/15(日)まで。国立新美術館にて。入場無料。

■のらもじ発見プロジェクト
http://noramoji.jp/
■文化庁メディア芸術祭
http://j-mediaarts.jp/

| comments(0) | trackbacks(0) |
2015年書初め

今年は「言」。

現在の私にとって、不足していること。
それは、考えていることを、しっかりと言葉にして伝えること。

考えているだけで伝えている気がしているのか、そもそも考えが足りていないのか。
人を傷つけたくないのか、それとも自分が傷つきたくないのか。とにもかくにも、自省を込めて、この一文字を選びました。

そして、もう一つ。言うことの裏返しとして、人の言うことをしっかりと耳を傾けること。人間として非常に基礎的なことではありますが、今年はこの2つを大切にしていきたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) |
DULTON ステープラー|BONOX


2か月前に購入したステープラー。

まるで昔の駅の改札で使われていたパンチのような、懐かしさを感じる。思ったより使いづらく、押し感も良くはないが、見た目がかわいいので、愛用しています。

amazon>【DULTON】 ボノックス ステープラー クローム
| comments(0) | trackbacks(0) |
39回目の誕生日

39回目の誕生日。

今年も30代の10年間の目標としていた3つの「柔」の棚卸を行いたいと思います。

1つ目の「頭を柔らかく」。仕事上で4年半ぶりに部署が変わりました。今まで自分が持っていた「ものさし」を一度捨て、フラットな目線で臨みたいと思います。

2つ目の「体を柔らかく」。ストレッチは自分なりに続けていますが、現状維持が精一杯。今後スポーツで怪我をしないためにも、もう少し頑張りたいと思います。

3つ目の「物腰を柔らかく」。新居に引越してまもなく1年。近所の皆様は年齢に関わらず、すべてこの地の先輩。できる限り物腰柔らかく接しているつもりですが、そのおかげで、良好な関係を築くことができました。

そんなことを考えながら書いた今年の「柔」。この字は10年前から毎年書いて、今年で最後。

今日から30代の締めの1年が始まりますが、より一層「柔」を意識し、日々を過ごしていきたいと思います。

皆様、今後ともよろしくお願いします。


| comments(0) | trackbacks(0) |
new ← → old